債務整理について知っておきたいこと

債務整理は借金の整理

あちこちの金融業者から返済能力を超えた借り入れをしてしまうと、毎月の返済ができなくなって返済遅延となってしまいます。返済遅延になると、厳しい督促がはじまって自宅や職場に督促の電話があったり、場合によっては回収担当者がやってきたりして、精神的に大きなプレッシャーやストレスとなってしまいます。こうした多重債務者が選択肢の一つとして検討したい解決法の一つが債務整理で、これは一言でいえば「借金を整理して返済できる状態に変える事」と言えます。複数ある借り入れを一つにまとめることで、毎月の返済額を返済能力の範囲内にとどめたり、現在よりも低金利でかり直すことで、雪だるま式に増えてしまう利息をコントロールしやすくなります。

債務整理は誰にオススメ?

債務整理は、借金で悩んでいる人を法律的に解放してくれる合法的な解決方法です。借金の総額が減るわけではないので、自己破産のように返済から完全に解放されるというわけではありませんが、コツコツ真面目に返したい人を応援してくれるシステムとなっています。いくら借り入れがあって返済能力はどのぐらいなのか、そうした情報によってケースバイケースで解決方法は異なりますが、自己破産を検討する前にぜひ考えてみたい解決方法と言えるでしょう。

債務整理の種類

債務整理には大きく分けて3つの種類があります。まず1つ目の任意整理という方法は、財産を手放すことなく返済能力の範囲で借りた分を返済するためのアレンジをするもので、裁判所の手続きなどが必要なかったり官報に名前が記載されないなどのメリットがあります。借金の金額は減らないので、返さなくても良いというわけではありませんが、最もダメージが少ない解決方法です。

2つ目の民事再生という方法は、官報に名前が載ってしまったり裁判所の手続きが必要になるなど、任意整理と比べると自分自身へのダメージが大きくなるデメリットはありますが、国家資格を持っている人にとっては、資格をそのまま生かして仕事を続けられるというメリットがある方法です。官報に名前が載ってしまうことによって、仕事によっては続けられなくなる場合もあります。

3つ目は自己破産という方法です。最長で10年間は住宅ローンも含めたローンや借入は一切NGになったり、資格制限がかかったりするため、手続き後の生活は自分自身にとって大きなダメージとなってしまいます。しかし、借金を帳消しにできるというメリットがあり、経済的にやり直すことができます。

かかる費用

債務整理は、ケースバイケースで解決方法が異なりますし、債権者との対応もあるので、借り入れている本人が行うのではなく弁護士に依頼して手続きしてもらう方法がおすすめです。弁護士に相談すると気になるのは、やはり弁護士費用ですが、多くの弁護士事務所においては、債務整理では大体このぐらいかかりますという料金面の目安があるので、まずは電話で相談してみてはいかがでしょうか?初回の相談は無料で受けている弁護士事務所もたくさんあります。実際に債務整理を行う場合にかかる費用は、着手金として最初に1万円~2万円程度がかかり、手続きが全て終了した時に、債務整理を行ったことによって節約できた分の10%程度を弁護士費用として支払うケースが多いようです。多くの弁護士事務所では、債務整理をすることによって依頼者の経済的負担が大きくならないように配慮してくれていますし、成功報酬や減額報酬など結果に見合った報酬料金となっているようです。

費用が払えない時にはどうする?

多重債務などで毎月の返済にも首が回らないほど金銭的に困窮している人にとっては、弁護士を雇って債務整理をしたいと考えていても、先立つものがまったくないというケースは多いものです。着手金が準備できないという場合には、弁護士事務所によっては分割払いなどに対応してもらえることもあるので、一人で悩まずに相談してみてください。

交通事故弁護士費用・慰謝料相場ラボ